メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  子宮頸がん検診、日本はもはや完全に後進国!?

子宮頸がん検診、日本はもはや完全に後進国!?

HPVワクチンの接種も含めて再考を

2017年10月13日 11:10

2名の医師が参考になったと回答 

 わが国における子宮頸がん検診の受診率は、さまざまな施策が行われているにもかかわらず、30~40%と低く、欧米先進国の水準とはかけ離れていると指摘される。さらに、ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンについても、接種後の有害事象をめぐる問題が解決されていない。こうした中、海外では子宮頸がん検診のパラダイムシフトが起こっているという。昭和大学産婦人科学講座教授の松本光司氏が第26回日本婦人科がん検診学会(9月2~3日)で報告し、「HPVワクチン接種を含め、わが国の子宮頸がん予防戦略について再考する時期に来ている」と指摘した(関連記事:「子宮頸がんワクチン『停止世代』の未来は?」)。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  子宮頸がん検診、日本はもはや完全に後進国!?