メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2017年 »  yomiDr. »  西日本は大腿骨もろい?...骨折の割合、沖縄は秋田の倍〔読売新聞〕

西日本は大腿骨もろい?...骨折の割合、沖縄は秋田の倍〔読売新聞〕

 2017年10月13日 16:00

 寝たきりにつながる恐れがある 大腿だいたい 骨の骨折の発生割合に、都道府県間で約2倍の差があるとの分析結果を、骨 粗鬆症そしょうしょう 財団(東京)などの研究チームが発表した。発生頻度は「西高東低」の傾向が見られた。

 研究チームは、レセプト(診療報酬明細書)のデータを使い、40歳以上で、脚の付け根付近の大腿骨を折って手術を受けた人の発生状況を分析した。その結果、2015年に全国で発生した大腿骨の骨折は、10万人当たり男性89人、女性299人。男女とも75歳以上で顕著に多かった。

 都道府県別に年齢構成の影響を除いて発生割合を計算したところ、全国平均を100とすると、男性で最も高かったのは沖縄の144で、最も低い秋田の63の2・3倍に上った。女性は兵庫が120と最も高く、最低だった秋田の65と1・8倍の開きがあった。

 骨を作るのを助けるビタミンKを多く含む納豆の消費量など、食生活が関係している可能性があるという。研究チームの玉置淳子・大阪医科大教授(疫学)は「ビタミンやカルシウムを含む食品の摂取、運動を心がけてほしい」と話す。

ym171006_pho1.jpg

(2017年10月13日 読売新聞)

ヨミドクター

  

関連タグ

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

MedicalTribuneLuxe秋号

ホーム »  ニュース »  2017年 »  yomiDr. »  西日本は大腿骨もろい?...骨折の割合、沖縄は秋田の倍〔読売新聞〕

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10511178 有効期限:10月末まで