メニューを開く 検索を開く ログイン

【システムメンテナンスのお知らせ】12月4日20時半〜12月5日終日、Medical Tribuneウェブの全てのサービスをご利用いただくことができません。メンテナンス終了後は、再度ログインが必要となります。併せて、12月5日〜数日の間に会員情報を変更された場合、反映までにお時間を頂く場合がございます。予めご了承ください。

迷走するロコモ運動の罪

川口浩氏に聞く

 2017年10月16日 11:16
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 今年(2017年)はロコモティブシンドロームが提唱されてちょうど10年の節目。「ロコモ」は人口に膾炙し、具体的な成果も挙がりつつあるのでは...。東京新宿メディカルセンター脊椎脊髄センター長の川口浩氏が最近発表した論考「ロコモティブシンドロームの迷走」(Clin Rheumatol Rel Res 2017;29:73-75)を読むと、そんな安直な見方は粉砕される。日本の学術誌ではあまり見かけない不穏なタイトルの含意について、同氏に聞いた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  運動器 »  迷走するロコモ運動の罪