メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  呼吸器 »  OSAS治療の次なる一手は?

EASD_small_banner_0914.jpg

OSAS治療の次なる一手は?

2017年10月16日 18:15

4名の医師が参考になったと回答 

 閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSAS)は多因子疾患であり、中等〜重症患者に対する治療の第一選択は持続陽圧呼吸(CPAP)療法である。しかし、CPAPを中心とする治療法においてはアドヒアランスの問題などで限界があり、新たな治療法が求められている。スイス・University Hospital of ZurichのMalcolm Kohler氏は、世界睡眠会議(World Sleep 2017、10月7~11日、プラハ)で、「OSAS治療のための非CPAP療法の現在、そして将来の進路」と題して講演。現在欧米で利用可能な治療法を総括し、開発が進む幾つかの有望な新規治療法を紹介した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  呼吸器 »  OSAS治療の次なる一手は?