メニューを開く 検索を開く ログイン

Lp(a)低下による冠動脈疾患リスク低減に期待

 2017年10月19日 11:15
プッシュ通知を受取る

 リポ蛋白(Lp)(a)は「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2017年版」において、その他の考慮すべき危険因子・マーカーとして位置付けられている。東京慈恵会医科大学柏病院中央検査部教授の吉田博氏は、第65回日本心臓病学会(9月29日〜10月1日)でLp(a)の特徴や冠動脈疾患(CHD)の危険因子としての意義について概説し、Lp(a)低下によるCHDリスク抑制に期待を示した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ポピドンヨードがコロナに有効?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  循環器 »  Lp(a)低下による冠動脈疾患リスク低減に期待

error in template: found but mtif was expected