メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

美容目的の処方、副作用発現や薬機法抵触も

マルホが適正使用のお願い

 2017年10月19日 18:55
プッシュ通知を受取る

 美容目的であることを偽り、医師にヘパリン類似物質製剤(商品名ヒルドイド、ヒルドイドソフト)を処方してもらう問題について(関連記事)、同製剤を製造・販売するマルホは昨日(10月18日)、医療従事者に対し適正使用のお願いを公式サイトに掲載した。治療目的でない同製剤の処方は、副作用発現のリスクを招き、「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律」(薬機法)に抵触しかねないと注意を喚起している。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  安全性情報 »  美容目的の処方、副作用発現や薬機法抵触も

error in template: found but mtif was expected