メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2017年 »  精神疾患 »  睡眠中にセックスする「セクソムニア」

EASD_small_banner_0914.jpg

睡眠中にセックスする「セクソムニア」

 2017年10月21日 06:00
プッシュ通知を受取る

facephoto 睡眠中にパートナーなどと性行為をしてしまう「Sexsomnia(セクソムニア、睡眠時性的行動症)」。日本ではまだ馴染みが薄い睡眠障害の1つだが、睡眠中に無意識にマスターベーションや性行為に及ぶなど、異常な性的行動を取るのが特徴だ。欧米では徐々に知見が集積され、本人の悩みやパートナーとの対人関係だけでなく,時に性犯罪につながる危険性をはらんでいる深刻な現状が浮き彫りになってきた。米・University of MinnesotaのCarlos H. Schenck氏は、セクソムニアとictal sexsomnia(発作性セクソムニア)に関する世界の症例報告をレビューし、世界睡眠会議(World Sleep 2017、10月7~11日、プラハ)で、その実態と治療法について解説した。読み解くためのキーワード:セクソムニア

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報

ワンクリックアンケート

糞便移植、どう思われますか?

ホーム »  ニュース »  2017年 »  精神疾患 »  睡眠中にセックスする「セクソムニア」

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P02511239 有効期限:2月末まで