メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

EASD_small_banner_0914.jpg

睡眠中にセックスする「セクソムニア」

 2017年10月21日 06:00
プッシュ通知を受取る

15名の先生が役に立ったと考えています。

facephoto 睡眠中にパートナーなどと性行為をしてしまう「Sexsomnia(セクソムニア、睡眠時性的行動症)」。日本ではまだ馴染みが薄い睡眠障害の1つだが、睡眠中に無意識にマスターベーションや性行為に及ぶなど、異常な性的行動を取るのが特徴だ。欧米では徐々に知見が集積され、本人の悩みやパートナーとの対人関係だけでなく,時に性犯罪につながる危険性をはらんでいる深刻な現状が浮き彫りになってきた。米・University of MinnesotaのCarlos H. Schenck氏は、セクソムニアとictal sexsomnia(発作性セクソムニア)に関する世界の症例報告をレビューし、世界睡眠会議(World Sleep 2017、10月7~11日、プラハ)で、その実態と治療法について解説した。読み解くためのキーワード:セクソムニア

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

イベント人数制限が緩和。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  精神疾患 »  睡眠中にセックスする「セクソムニア」

error in template: found but mtif was expected