メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2017年 »  脳・神経 »  電話を用いた認知機能検査が有用

EASD_small_banner_0914.jpg

電話を用いた認知機能検査が有用

15分の問答で従来の検査法と同等の効果

 2017年10月23日 16:15
プッシュ通知を受取る

 認知機能障害を有する患者に対しては継続的に問診や検査などを行い、症状の推移をチェックする必要がある。しかし、定期的に通院できない患者もおり、フォローアップが十分に行えるとは限らない。インド・Manipal HospitalのRatnavalli.Ellajosyula氏は、自身の研究グループが開発した、電話を用いた15分間のインタビューによる認知機能検査法(The Fifteen minute Assessment of Cognition over the Telephone;FACT)を同院の患者に実施した結果、従来使用されている認知機能検査(ACE-Ⅲ)と同等の有効性が認められたと、第58回日本神経学会/第23回世界神経学会議(9月16~21日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報

ワンクリックアンケート

プロ野球春季キャンプ中!今年の優勝予想チームは?(セ・リーグ編)

ホーム »  ニュース »  2017年 »  脳・神経 »  電話を用いた認知機能検査が有用

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P02511064 有効期限:2月末まで