メニューを開く 検索を開く ログイン

嗅覚の衰えはパーキンソン病の前兆か

【海外短報】

 2017年10月23日 06:00
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 嗅覚の衰えはパーキンソン病(PD)の発症を予測すると、米国のグループがNeurology2017; 89: 1441-1447)に発表した。

 同グループは、Health, Aging, and Body Compo­si­tion研究に参加した白人1,510例(平均年齢75.6歳)と黒人952例(同75.4歳)を対象に、1999~2000年にBrief Smell Identification Test(BSIT)により評価した嗅覚と、2012年8月までの追跡で確認されたPD発症との関係を検討した。

 平均9.8年の追跡期間中に42例(白人30例、黒人12例)がPDを発症した。嗅覚の衰え(BSITスコア低値)はPD高リスクと関係し、BSITスコア最高三分位群と比較した最低三分位群のPD発症ハザード比は4.8(95%CI 2.0~11.2)と有意に高かった(傾向性のP<0.00001)。この関係は黒人より白人、男性より女性で強かった。

(編集部)

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

申請しました? コロナ感染対策への厚労省の補助金

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  脳・神経 »  嗅覚の衰えはパーキンソン病の前兆か

error in template: found but mtif was expected