メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  女性疾患・周産期 »  不妊治療領域で注目のマーカー、妊娠と関連せず

不妊治療領域で注目のマーカー、妊娠と関連せず

AMH、FSH、インヒビンBで評価

 2017年10月23日 06:05
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米・University of North North CarolinaのAnne Z. Steiner氏らは、30〜44歳の女性を対象としたコホート研究で卵巣予備能マーカーとして不妊治療領域で注目されている抗ミュラー管ホルモン(AMH)、卵胞刺激ホルモン(FSH)、インヒビンBと妊孕性との関連を検討した。その結果、卵巣予備能マーカーの低下は妊孕性の低下とは関連しないことをJAMA2017; 318: 1367-1376)で発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

OncologyTribune告知
セミナー開催情報
ギャラリー写真募集中。紙面に採用されると3,000ポイント進呈

ワンクリックアンケート

梅雨の休日、家でどう過ごす?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  女性疾患・周産期 »  不妊治療領域で注目のマーカー、妊娠と関連せず

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P06511209 有効期限:6月末まで