メニューを開く 検索を開く ログイン

抗うつ薬の使用で小児の糖尿病リスクが上昇

12万例の大規模後ろ向きコホート研究

 2017年10月24日 06:20
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米・University of MarylandのMehmet Burcu氏らは、5~20歳の約12万例を対象にした大規模後ろ向きコホート研究において、抗うつ薬の使用が2型糖尿病の発症リスクを上昇させ、抗うつ薬の使用期間、累積投与量、平均1日投与量の増加とともにリスクが上昇することが示されたとJAMA Pediatr2017年10月16日オンライン版)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  糖尿病・内分泌 »  抗うつ薬の使用で小児の糖尿病リスクが上昇