メニューを開く 検索を開く ログイン

EASD_small_banner_0914.jpg

日本発のデバイスがOSAに効果示す

 2017年10月25日 10:30
プッシュ通知を受取る

 いびきや閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)の改善を目的とした、使い切りタイプの鼻腔挿入デバイス(nasal airway stent;NAS、商品名ナステント)が注目を集めている。医師の立場からNASの開発に携わってきた筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構主任研究者の佐藤誠氏が、開発の経緯やこれまでの成果、今後の課題について世界睡眠会議(World Sleep 2017、10月7~11日、プラハ)で発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  呼吸器 »  日本発のデバイスがOSAに効果示す