メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

肺がんpagetop

免疫CP阻害薬の診断薬、「疑問」を解説

 2017年10月26日 06:10
プッシュ通知を受取る

 肺がんに対する免疫チェックポイント(CP)阻害薬として、現在わが国では抗PD(programmed cell death)-1モノクローナル抗体のニボルマブとペムブロリズマブが承認されている。その効果を予測する上で、免疫組織染色(IHC)における腫瘍組織でのPD-L1の発現が有用なマーカーとなることが確認されている。両薬に対しては、PD-L1の発現率を測定するための免疫染色キット(体外診断薬)が開発されており、ニボルマブにはIHC 28-8、ペムブロリズマブにはIHC 22C3が用いられる。しかし、これらのキットは用いる検査用抗体が異なり、カットオフ値も異なる。愛知県がんセンター中央病院遺伝子病理診断部部長の谷田部恭氏は、第58回日本肺癌学会(10月14〜15日)でPD-L1 IHCに関する疑問点を提示し、それぞれについて概説した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  免疫CP阻害薬の診断薬、「疑問」を解説

error in template: found but mtif was expected