メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2017年 »  脳・神経 »  多発性硬化症の障害度などをマーカーで判定

EASD_small_banner_0914.jpg

多発性硬化症の障害度などをマーカーで判定

病変、灰白質、遺伝子、細胞から検討

 2017年10月26日 06:15
プッシュ通知を受取る

 多発性硬化症(MS)の臨床的特徴は人種によって異なることが知られているが、疾患特異的なバイオマーカーはあまり明らかにされていない。九州大学大学院神経内科学教室教授の吉良潤一氏は、MSの障害度などに関連する新たなマーカーについて、第58回日本神経学会/第23回世界神経学会議(9月16~21日)で解説した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報

ワンクリックアンケート

糞便移植、どう思われますか?

ホーム »  ニュース »  2017年 »  脳・神経 »  多発性硬化症の障害度などをマーカーで判定

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P02511260 有効期限:2月末まで