メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  糖尿病・内分泌 »  血糖値改善に有効な免疫調節・抗炎症薬とは

血糖値改善に有効な免疫調節・抗炎症薬とは

【海外短報】

 2017年10月27日 06:20
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 免疫調節と抗炎症作用を有するdiacereinが血糖値の改善に有効な可能性があると、ブラジルのグループがDiabetes Care2017; 40: 1356-1363)に発表した。

 同グループは、変形性関節症(OA)や関節リウマチの治療に用いられているdiacereinが、2型糖尿病患者の血糖コントロールに有効かどうかを検討するランダム化比較試験を行った。


 対象は、HbA1c値7.5~9.5%の84例。diacerein 100mg/日群に43例、プラセボ群に41例を割り付け、48週間投与した。主要評価項目は、治療期間中の平均HbA1c値の変化の差とした。


 解析の結果、diacerein群はプラセボ群に比べHbA1c値が intention-to-treat(ITT)解析で0.35%(P=0.038)、治療を中断した10例を除くper-protocol(PP)解析で0.41%(P=0.023)の有意な低下を示した。HbA1c値低下のピークは治療24週目(ITT解析:-0.61%、P=0.014、PP解析:-0.78%、P=0.005)で、その後、効果は減弱し、48週目には両群で有意差は認められなかった。


 Diacerein群の65%に下痢が見られ、16%が治療を中断した。diacerein群の7例でインスリンの投与量が減少したのに対し、プラセボ群では10例で増量が必要になった。軽度の低血糖イベント発現率は両群で同程度であった。


 同グループは「diacereinは2型糖尿病の特にOA合併患者で補助的治療になる可能性がある」としている。


(編集部)

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

10連休中に行われた4年に1度の医学会総会

ランキング

  1. 1

    学会でのSNS活用、日循の狙いとは

  2. 2

    スタチンで大腸がん死リスク低下

  3. 3

    【仲田和正】骨粗鬆症治療薬の使い方

  4. 4

    オキシトシン、反復投与でも効果を確認

  5. 5

    CAR-T療法は「夢の治療法ではない」

  6. 6

    日光浴がアトピー性皮膚炎を予防?

  7. 7

    わずか16分の寝不足で仕事に悪影響

  8. 8

    赤い精液! 患者には衝撃の血精液症,自然史が明らかに

  9. 9

    日本プライマリ・ケア連合学会(10)

  10. 10

    地中海食は食べても太らない?

  11. アクセスランキング一覧 
  1. 1

    あの難病にメトホルミンが有効?

  2. 2

    高血圧に尿酸降下薬は"推奨できない"

  3. 3

    CAR-T療法は「夢の治療法ではない」

  4. 4

    死を招く食習慣の組み合わせ

  5. 5

    有名なあの鎮痛薬に脳卒中リスク

  6. 6

    迷走するコレステロール・卵論争

  7. 7

    『高血圧治療ガイドライン2019』発表

  8. 8

    アルパカ由来CAR-T療法が有望

  9. 9

    【仲田和正】骨粗鬆症治療薬の使い方

  10. 10

    やはり危険? 市中肺炎にブロード抗菌薬

  11. アクセスランキング一覧 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  糖尿病・内分泌 »  血糖値改善に有効な免疫調節・抗炎症薬とは

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P05511173 有効期限:5月末まで