メニューを開く 検索を開く ログイン

次世代ALK阻害薬lorlatinibが肺がんに有望

国際第Ⅱ相臨床試験の最終結果

 2017年10月27日 06:00
プッシュ通知を受取る

 脳転移例を含むALK/ROS1陽性進行非小細胞肺がん(NSCLC)患者を対象に、ALK/ROS1チロシンキナーゼ阻害薬(TKI)lorlatinibの有効性・安全性を検証した国際多施設共同第Ⅱ相試験の結果から、前治療歴の有無にかかわらず頭蓋内腫瘍縮小効果を含む臨床的有益性が示されたことを、オーストラリア・Peter MacCallum Cancer CentreのBen J. Solomon氏らが第18回世界肺癌学会議(WCLC 2017、10月15~18日、横浜)で報告した(関連記事:「希少肺がん治療に新たな選択肢」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  次世代ALK阻害薬lorlatinibが肺がんに有望