メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

アファチニブ→オシメルチニブで奏効率81%

非小細胞肺がんのT790M薬剤耐性獲得率、第二世代と第一世代で同様

 2017年10月27日 13:30
プッシュ通知を受取る

 9月に開催された欧州臨床腫瘍学会(ESMO 2017)で報告された第Ⅲ相国際多施設共同二重盲検ランダム化比較試験FLAURAの成績から、上皮成長因子受容体(EGFR)遺伝子変異陽性の非小細胞肺がん(NSCLC)に対する一次治療における新たな標準治療薬として、第三世代のEGFR阻害薬(EGFR-TKI)であるオシメルチニブの可能性が示された(関連記事1:「EGFR変異陽性肺がんにパラダイムシフトか」)。一方で、一次治療には第二世代EGFR-TKIを用いて、T790M耐性変異が認められた後にオシメルチニブを用いるという治療シークエンスの有効性についても報告されている(関連記事2:「肺がんの『最適な治療シークエンス』とは」)。オーストリア・Otto Wagner HospitalのMaximilian J. Hochmair氏らは、第二世代EGFR-TKIであるアファチニブを投与した進行NSCLC患者に特化した解析を行い、アファチニブ投与後のEGFRのT790M二次的遺伝子変異(EGFR T790M)陽性化率は第一世代EGFR-TKI投与時と変わらず、その後オシメルチニブが奏効したことを第18回世界肺癌学会議(WCLC 2017、10月15~18日、横浜)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

新型コロナ対策としてのマスク着用、いつまで続ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  アファチニブ→オシメルチニブで奏効率81%

error in template: found but mtif was expected