メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  呼吸器 »  キイトルーダ、化学療法の2倍超のOS達成

キイトルーダ、化学療法の2倍超のOS達成

KEYNOTE-024試験・追跡2年の成績

 2017年10月30日 06:30
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 現在、わが国の非小細胞肺がん(NSCLC)の治療においては、PD-L1強陽性〔Tumor Proportion Score(TPS)が50%以上〕例に対しては、初回治療で免疫チェックポイント阻害薬の抗PD-1抗体ペムブロリズマブ(商品名キイトルーダ)単独投与が可能となった(関連記事:「【解説】がん免疫療法が肺がん一次治療へ」)。同適応承認の基となった国際共同第Ⅲ相非盲検ランダム化比較試験KEYNOTE-024の長期成績(追跡期間2年)について、米・Sidney Kimmel Comprehensive Cancer CenterのJulie R. Brahmer氏らが第18回世界肺癌学会議(WCLC 2017、10月15~18日、横浜)で報告。ペムブロリズマブ投与により、全生存期間(OS)中央値は従来の標準治療(化学療法)の2倍以上になっていることを示した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

テニス・大坂なおみが初凱旋試合(東レPPO)。どこまで勝ち上がれるか?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  呼吸器 »  キイトルーダ、化学療法の2倍超のOS達成

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P09511323 有効期限:9月末まで