メニューを開く 検索を開く ログイン

中皮腫の専門的緩和ケア、QOL改善効果なし

ランダム化比較試験RESPECT-MESOで検証

 2017年10月30日 15:25
プッシュ通知を受取る

 主にアスベスト(石綿)への曝露により胸膜から発生する悪性胸膜中皮腫(MPM)は、極めて予後不良な希少がんの1つであり、診断後の生存期間中央値は1年に満たない(関連記事:「悪性胸膜中皮腫にニンテダニブが有望」)。また、胸膜中皮腫患者における痛みや呼吸困難などの出現頻度は肺がんよりも高いといわれている。症状負担(symptom burden)が高いMPMの治療では早期からの専門的緩和ケア(specialist palliative care;SPC)の有効性が期待されているが、これまでランダム化比較試験でSPCの有効性を検討した報告はなかった。オーストラリア・Institute for Respiratory HealthのFraser Brims氏は、MPM患者に対するSPC+標準的緩和ケアと標準的緩和ケア単独の有効性を比較したRESPECT-MESO試験の結果を第18回世界肺癌会議(WCLC 2017、10月15~18日、横浜)で発表、SPCによるQOLなどの有意な改善は確認できなかったと報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

大阪府の吉村知事、三度目の緊急事態宣言を要請へ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  中皮腫の専門的緩和ケア、QOL改善効果なし