メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  運動器 »  貧乏ゆすり様運動の効果検証進む

貧乏ゆすり様運動の効果検証進む

変形性股関節症の疼痛が軽減

2017年10月30日 11:11

2名の医師が参考になったと回答 

 変形性股関節症(股OA)の保存療法としてジグリング(貧乏ゆすり様の運動)は早期からの疼痛軽減に有効―。こんな調査結果が10月20日に行われた第3回ジグリング研究会(研究責任者=久留米大学医療センター整形外科・関節外科センター教授・大川孝浩氏)で明らかになった。今回発表されたのは、全国10施設の多施設共同研究のうち2施設からの中間報告。最終的な研究成果は今後の日本股関節学会で発表される予定だ(関連記事「末期変形性股関節症に貧乏ゆすりが有効」「【キーワード】ジグリング(jiggling)」。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(5月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

資産形成。投資するなら?

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  運動器 »  貧乏ゆすり様運動の効果検証進む