メニューを開く 検索を開く ログイン

貧乏ゆすり様運動の効果検証進む

変形性股関節症の疼痛が軽減

 2017年10月30日 11:11
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 変形性股関節症(股OA)の保存療法としてジグリング(貧乏ゆすり様の運動)は早期からの疼痛軽減に有効―。こんな調査結果が10月20日に行われた第3回ジグリング研究会(研究責任者=久留米大学医療センター整形外科・関節外科センター教授・大川孝浩氏)で明らかになった。今回発表されたのは、全国10施設の多施設共同研究のうち2施設からの中間報告。最終的な研究成果は今後の日本股関節学会で発表される予定だ(関連記事「末期変形性股関節症に貧乏ゆすりが有効」「【キーワード】ジグリング(jiggling)」。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  運動器 »  貧乏ゆすり様運動の効果検証進む