メニューを開く 検索を開く ログイン

世界の公害関連死は900万人

Lancet「公害と健康」委員会報告

 2017年10月31日 06:15
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 Lancet「公害と健康」委員会のPhilip Landrigan氏らは「公害と健康」に関する報告書を同誌(2017年10月19日オンライン版)に発表した。同報告書によると、2015年の公害関連の死亡は全世界で約900万人に上り、全死亡の約16%を占めていたことが明らかになった。内訳を見ると、大気汚染関連の死亡が650万人と最も多く、水質汚染関連(180万人)、職場環境汚染関連(80万人)と続いていた(関連記事「基準値下回る大気汚染でも死亡リスク上昇」「PM2.5でストレスホルモン、血圧が上昇」「世界のCOPDによる死亡は喘息の8倍」)。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

どうする、福島原発の汚染処理水

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  呼吸器 »  世界の公害関連死は900万人

error in template: found but mtif was expected