メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  消化器 »  C型肝炎のDAA治療後は他臓器がんに留意

C型肝炎のDAA治療後は他臓器がんに留意

2017年10月31日 06:20

3名の医師が参考になったと回答 

 C型肝炎患者では、インターフェロン(IFN)フリー直接作用型抗ウイルス薬(DAA)による治療後、早期に肝発がんや再発が多いと報告されている。その機序としてC型肝炎ウイルスの急速な排除による自己免疫の正常化、がん免疫監視機構の低下などが想定されるが、これらの機序は他臓器の発がんにも関与している可能性がある。国立病院機構京都医療センター消化器内科診療部長の勝島慎二氏は「IFNフリーDAA治療を受けたC型肝炎患者ではIFNベース治療よりも他臓器発がんが多いことに留意すべきである」と第25回日本消化器関連学会週間(JDDW 2017、10月12〜15日)で報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(7月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

学会発表時、特に気にかけていることは?

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  消化器 »  C型肝炎のDAA治療後は他臓器がんに留意