メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2017年 »  消化器 »  C型肝炎のDAA治療後は他臓器がんに留意

C型肝炎のDAA治療後は他臓器がんに留意

 2017年10月31日 06:20
プッシュ通知を受取る

 C型肝炎患者では、インターフェロン(IFN)フリー直接作用型抗ウイルス薬(DAA)による治療後、早期に肝発がんや再発が多いと報告されている。その機序としてC型肝炎ウイルスの急速な排除による自己免疫の正常化、がん免疫監視機構の低下などが想定されるが、これらの機序は他臓器の発がんにも関与している可能性がある。国立病院機構京都医療センター消化器内科診療部長の勝島慎二氏は「IFNフリーDAA治療を受けたC型肝炎患者ではIFNベース治療よりも他臓器発がんが多いことに留意すべきである」と第25回日本消化器関連学会週間(JDDW 2017、10月12〜15日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

ひと月の小遣いは?(医師会員からの投稿)

ホーム »  ニュース »  2017年 »  消化器 »  C型肝炎のDAA治療後は他臓器がんに留意

MedicalTribuneウェブへようこそ
ご利用は完全無料です

今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12511334 有効期限:12月末まで