メニューを開く 検索を開く ログイン

SIDSのリスクを下げる3つのポイント

11月は対策強化月間

 2017年10月31日 15:55
プッシュ通知を受取る

 乳幼児突然死症候群(SIDS)は12月以降の冬季に発症しやすい傾向にあることから、厚生労働省では、毎年11月をSIDSの対策強化月間と定め、SIDSに対する社会的関心を喚起するため、発症リスクを低下させる3つのポイントなどについて重点的な普及啓発活動を1999年から実施している。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

感染対策にも有効? キャッシュレス決済は何を使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  小児 »  SIDSのリスクを下げる3つのポイント