メニューを開く 検索を開く ログイン

オプジーボの「治療効果予測式」を考案

 2017年10月31日 17:16
プッシュ通知を受取る

 抗PD-1抗体の治療効果予測については、PD-L1発現以外のバイオマーカーの開発が求められている。埼玉医科大学国際医療センター呼吸器内科の山口央氏、同科教授・診療部長の各務博氏らは、抗PD-1抗体ニボルマブ(商品名オプジーボ)が奏効する患者を治療前に同定する方法として、治療前末梢血中のCD62L低発現(CD62Llow)CD4陽性T(CD4+T)細胞と制御性T細胞(Treg)の割合に基づく予測式を考案したと第58回日本肺癌学会(10月14〜15日)で報告した。同演題は、同学会のプレナリーセッションの最優秀演題の1つに選ばれた。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  オプジーボの「治療効果予測式」を考案

error in template: found but mtif was expected