メニューを開く 検索を開く ログイン

アレクチニブ、ALK陽性肺がんで4年PFS 52%

国内第Ⅰ/Ⅱ相試験AF-001JPで、4年OSは70%

 2017年11月01日 13:25
プッシュ通知を受取る

 ALK遺伝子転座陽性非小細胞肺がん(NSCLC)に対するアレクチニブの国内第Ⅰ/Ⅱ相試験AF-001JPの最終成績(長期追跡結果)を、がん研有明病院(東京都)呼吸器内科部長の西尾誠人氏が第18回世界肺癌会議(WCLC 2017、10月15~18日、横浜)で報告。4年無増悪生存(PFS)率が52%、全生存(OS)率が70%という良好な成績を紹介した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  アレクチニブ、ALK陽性肺がんで4年PFS 52%