メニューを開く 検索を開く ログイン

第二世代EGFR阻害薬の国内市販後調査を発表

有害事象は管理可能な範囲

 2017年11月01日 16:15
プッシュ通知を受取る

 現在、上皮成長因子受容体(EGFR)阻害薬は、EGFR遺伝子変異陽性肺がんの初回標準治療薬として位置付けられている。第二世代EGFR阻害薬のアファチニブは、わが国では2014年に承認されたが、承認時に日本人患者の臨床データは限られていた。そこで、1,500例を目標として有効性と安全性を1年間追跡する市販後全例調査が実施された。和歌山県立医科大学呼吸器内科・腫瘍内科教授の山本信之氏らは、その結果を第18回世界肺癌学会議(WCLC 2017、10月15~18日、横浜)で報告。日本の実臨床においても、アファチニブの薬物有害反応(ADR)は管理可能な範囲であったことなどを紹介した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

新型コロナが終息したら、何をしたい?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  第二世代EGFR阻害薬の国内市販後調査を発表