メニューを開く 検索を開く ログイン

潰瘍性大腸炎、LCAP寛解達成例の予後

1年間の非再燃率は60%超

 2017年11月02日 08:00
プッシュ通知を受取る

 潰瘍性大腸炎に対する白血球除去(LCAP)療法(読み解くためのキーワード:白血球除去療法)は、大規模使用成績調査REFINE-LCAP研究により寛解導入療法としての有用性が確立されたが、長期予後についての報告はほとんどない。北里大学北里研究所病院炎症性腸疾患先進治療センター副センター長の小林拓氏は「LCAPで寛解達成後1年間の非再燃率は63.6%と比較的良好な予後が得られた」と第25回日本消化器関連学会週間(JDDW 2017、10月12〜15日)で報告した。この結果は、J Gastroenterol2017年6月8日オンライン版)にも発表されている。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

感染対策にも有効? キャッシュレス決済は何を使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  消化器 »  潰瘍性大腸炎、LCAP寛解達成例の予後