メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  消化器 »  ダビガトランで後出血認められず

ダビガトランで後出血認められず

DOACの大腸内視鏡治療への影響を検討

2017年11月02日 11:10

 現在、臨床で使用可能な直接作用型経口抗凝固薬(DOAC)は4種類となり、DOAC投与患者が増加しているが、内視鏡治療にDOACが及ぼす影響については明らかでない。愛媛県立中央病院消化器内科医長の富田英臣氏は「DOACの大腸内視鏡治療後出血への影響を検討した結果、ダビガトランでは大腸内視鏡治療の後出血が見られなかった」と第25回日本消化器関連学会週間(JDDW 2017、10月12〜15日)で報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

大阪万博まであと1年

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  消化器 »  ダビガトランで後出血認められず