メニューを開く 検索を開く ログイン

会員の方はログイン

MTPro旧MTPro会員の方はそのままでログインできます

初めてご利用ですか?(ご利用無料)

新規登録(約1分で完了)

登録いただくと全文で記事を閲覧いただけます

ホーム »  ニュース »  2017年 »  消化器 »  ダビガトランで後出血認められず

ダビガトランで後出血認められず

DOACの大腸内視鏡治療への影響を検討

 2017年11月02日 11:10
プッシュ通知を受取る

 現在、臨床で使用可能な直接作用型経口抗凝固薬(DOAC)は4種類となり、DOAC投与患者が増加しているが、内視鏡治療にDOACが及ぼす影響については明らかでない。愛媛県立中央病院消化器内科医長の富田英臣氏は「DOACの大腸内視鏡治療後出血への影響を検討した結果、ダビガトランでは大腸内視鏡治療の後出血が見られなかった」と第25回日本消化器関連学会週間(JDDW 2017、10月12〜15日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

いつも忙しい先生にとっての 「プチ贅沢」を教えてください。

ホーム »  ニュース »  2017年 »  消化器 »  ダビガトランで後出血認められず

医療・医学ニュースサイト
MedicalTribuneウェブのご利用は無料です

医師会員限定!
下記登録リンクよりご登録いただくと
Amazonギフト券等に交換可能な
1,000ポイントをもれなく進呈!
※有効期限:11月末まで
※過去に利用された方は対象外