メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  肺がんCT 検診+禁煙介入は費用効果に優れる

肺がんCT 検診+禁煙介入は費用効果に優れる

有効な質調整生存年の改善策に

 2017年11月02日 18:20
プッシュ通知を受取る

 肺がん罹患リスクが高い喫煙者に対する低線量CT(LDCT)を用いたスクリーニングにより、肺がん死亡率と全死亡率が低下することが全米肺検診試験(National Lung Screening Trial;NLST)で明らかにされている。カナダ・McMaster UniversityのWilliam K. Evans氏は、シミュレーションプログラムを用いてLDCTスクリーニングと禁煙介入を統合したプログラムの質調整生存年(QALY)への効果を検討した。その結果、同プログラムは費用効果に優れたQALYの改善策となりうることが示されたと第18回世界肺癌学会議(WCLC 2017、10月15~18日、横浜)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

水道民営化へ

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  肺がんCT 検診+禁煙介入は費用効果に優れる

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12511388 有効期限:12月末まで