メニューを開く 検索を開く ログイン

肺がんCT 検診+禁煙介入は費用効果に優れる

有効な質調整生存年の改善策に

 2017年11月02日 18:20
プッシュ通知を受取る

 肺がん罹患リスクが高い喫煙者に対する低線量CT(LDCT)を用いたスクリーニングにより、肺がん死亡率と全死亡率が低下することが全米肺検診試験(National Lung Screening Trial;NLST)で明らかにされている。カナダ・McMaster UniversityのWilliam K. Evans氏は、シミュレーションプログラムを用いてLDCTスクリーニングと禁煙介入を統合したプログラムの質調整生存年(QALY)への効果を検討した。その結果、同プログラムは費用効果に優れたQALYの改善策となりうることが示されたと第18回世界肺癌学会議(WCLC 2017、10月15~18日、横浜)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

変異株はコロナの脅威を増大させるか

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  肺がんCT 検診+禁煙介入は費用効果に優れる