メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  消化器 »  ピロリ除菌後PPI長期使用で胃がんリスク上昇

ピロリ除菌後PPI長期使用で胃がんリスク上昇

香港研究、6万例超のデータを解析

 2017年11月02日 18:25
プッシュ通知を受取る

32名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 中国・University of Hong KongのKa Shing Cheung氏らは、香港の医療データベースClinical Data Analysis and Reporting System(CDARS)に登録された成人6万例超のデータを解析した結果、Helicobacter pyloriH. pylori)除菌後のプロトンポンプ阻害薬(PPI)の長期使用により胃がん発症リスクが2倍以上に上昇し、リスクはPPIの使用頻度(用量)および期間とともに上昇することが示されたとGut2017年10月31日オンライン版)に発表した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

2023年に人類初の月旅行。無料招待券が届いたら?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  消化器 »  ピロリ除菌後PPI長期使用で胃がんリスク上昇

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P10511415 有効期限:10月末まで