メニューを開く 検索を開く ログイン

ASNトップページ

米国腎臓週間がニューオーリンズで開幕

 2017年11月02日 17:01
プッシュ通知を受取る

 米国腎臓学会・腎臓週間2017(ASN Kidney Week 2017)が10月31日、ニューオーリンズのアーネスト N. モリアルコンベンションセンターで開幕した。1万3,000人以上の参加者が集い、178のセッションが行われる。初日から2日間は医師生涯教育用プログラムが主に企画されており、年次学術集会は11月2〜5日に組まれている。昨年(2016年)設立50周年を迎えたASN。今年は抄録のカテゴリーに透析感染を新たに追加するなど、年次学術集会プログラムの充実に力を入れている。

 Medical Tribuneでは、慢性腎臓病や急性腎障害、糖尿病性腎症、透析、腎移植関連など注目演題をレポートする(11月7日から記事掲載の予定)。

Kidney Week2017が開幕した10月31日はハロウィン。町はオリジナリティ満載の仮装者で賑わっていた

(Kidney Week 2017取材班)

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

NHK受信料、2023年度に値下げ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  米国腎臓週間がニューオーリンズで開幕