メニューを開く 検索を開く ログイン

ASNトップページ

CKD患者のスタチン療法は中用量が妥当か

 2017年11月06日 16:30
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

 スタチン療法による心血管疾患の一次/二次予防試験では、一般にスタチン療法の用量強度が高いほどリスク低下が大きいことが示されている。しかし、慢性腎臓病(CKD)患者はスタチン療法の有害事象が現れやすい集団とも考えられ、CKD患者に高用量スタチン療法が有益かどうかは分かっていない。この点に関して米・Baylor College of MedicineのCarl P. Walther氏らは、透析未導入CKD患者におけるスタチン療法の強度と死亡リスクとの関係を調べ、両者に独立した関連は認められなかったことを米国腎臓学会・腎臓週間(ASN Kidney Week 2017、10月31日~11月5日、ニューオーリンズ)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

猛暑を過ごすイチ押しは?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  腎・泌尿器 »  CKD患者のスタチン療法は中用量が妥当か

error in template: found but mtif was expected