メニューを開く 検索を開く ログイン

糖尿病神経障害の振動覚は母趾で

内踝では遠位型患者を見逃す可能性も

 2017年11月08日 06:00
プッシュ通知を受取る

 糖尿病性多発神経障害の評価には振動覚検査が汎用されるが、その検査部位により検出感度が異なる。横浜市立大学名誉教授(総合診療医・神経内科医)の長谷川修氏は糖尿病患者の内踝と母趾で振動覚検査を実施し、その結果を比較。内踝での検査だけでは遠位部のみに発生している同障害を見逃す可能性があると、第28回日本末梢神経学会(8月25~26日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  脳・神経 »  糖尿病神経障害の振動覚は母趾で

error in template: found but mtif was expected