メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  消化器 »  B型肝炎、平均赤血球容積が肝発がんに関連

B型肝炎、平均赤血球容積が肝発がんに関連

 2017年11月08日 08:00
プッシュ通知を受取る

 B型慢性肝疾患に対する核酸アナログ製剤治療中に肝発がん例が散見されるが、その機序は明らかではない。虎の門病院(東京都)肝臓センターの保坂哲也氏は、核酸アナログ投与中の肝発がんに寄与する因子の同定を試みた結果、平均赤血球容積(MCV)増大が核酸アナログ投与中の肝発がんに関連していたと第25回日本消化器関連学会週間(JDDW 2017、10月12〜15日)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

「東名あおり運転」、判決。先生のあおり運転体験は?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  消化器 »  B型肝炎、平均赤血球容積が肝発がんに関連

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P12511440 有効期限:12月末まで