メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  消化器 »  B型肝炎、平均赤血球容積が肝発がんに関連

B型肝炎、平均赤血球容積が肝発がんに関連

2017年11月08日 08:00

1名の医師が参考になったと回答 

 B型慢性肝疾患に対する核酸アナログ製剤治療中に肝発がん例が散見されるが、その機序は明らかではない。虎の門病院(東京都)肝臓センターの保坂哲也氏は、核酸アナログ投与中の肝発がんに寄与する因子の同定を試みた結果、平均赤血球容積(MCV)増大が核酸アナログ投与中の肝発がんに関連していたと第25回日本消化器関連学会週間(JDDW 2017、10月12〜15日)で報告した。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

各地で連日30℃超えの真夏日が続く。猛暑だと外来患者は?

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  消化器 »  B型肝炎、平均赤血球容積が肝発がんに関連