メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  腎・泌尿器 »  LDL-Cは血液透析患者の感染症リスクを低減

ASNトップページ

LDL-Cは血液透析患者の感染症リスクを低減

2017年11月08日 17:50

7名の医師が参考になったと回答 

 血液透析患者では血清総コレステロール値が死亡リスクと逆相関することがよく知られている。一般的に、LDL-コレステロール(LDL-C)の高値は死亡リスクの上昇につながるが、血液透析患者には当てはまらない。血液透析患者の死亡原因の第1位は心血管疾患であるが、次に多いのが感染症であり、LDL-Cは細菌性毒素の吸収および不活化に働いて、先天免疫に関与している可能性が考えられている。米・University of California Davis School of MedicineのGeorge A. Kaysen氏らは、こうした観点から血液透析患者のアウトカムに関する国際的なデータベースを解析し、実際にLDL-C高値が感染症による死亡リスクの低下と関連していることを、米国腎臓学会・腎臓週間(ASN Kidney Week 2017、10月31日~11月5日、ニューオーリンズ)で報告した。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]3月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

希少疾患や難治性疾患に関する情報、何で知ることが多いですか?

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  腎・泌尿器 »  LDL-Cは血液透析患者の感染症リスクを低減