メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  腎・泌尿器 »  eGFR低下は身体機能を左右しない

ASNトップページ

eGFR低下は身体機能を左右しない

アイルランドの地域住民コホート研究から

2017年11月09日 06:00

1名の医師が参考になったと回答 

 横断的研究により、高齢者では推算糸球体濾過量(eGFR)が低値であるほど身体機能検査の成績が悪いという関連が認められている。しかし、eGFRの低下が身体機能悪化のドライバー因子であるかどうかは分かっていない。この疑問を解決するには身体機能を経時的に繰り返し計測し、eGFRとの関連を縦断的に検討する必要がある。アイルランド・Trinity College DublinのMark Canney氏らは、身体機能を経時的に計測した前向き観察研究のデータを解析した結果、高齢者のeGFR低下は身体機能低下のマーカーにはなるがドライバー因子ではないとの報告を、米国腎臓学会・腎臓週間(ASN Kidney Week 2017、10月31日~11月5日、ニューオーリンズ)で行った。

…続きを読むにはログイン

新規会員登録はこちら

医師限定!初めてMedical Tribuneにご登録いただくと
500円分のポイントをもれなく進呈!
[有効期限]2月末まで/[対象外]既に会員の方、過去に利用された方

ワンクリックアンケート

医学関連のクイズ、挑戦してみたいジャンルは?

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  腎・泌尿器 »  eGFR低下は身体機能を左右しない