メニューを開く 検索を開く ログイン

ASNトップページ

平均血圧低下が腎機能低下リスクに

SPRINT試験再解析

 2017年11月10日 06:00
プッシュ通知を受取る

 2015年に結果が発表されたThe Systolic Blood Pressure Intervention Trial(SPRINT試験)は、脳卒中既往例や糖尿病患者などを除く心血管疾患高リスクの高血圧患者を対象として、収縮期血圧120mmHg未満を目指した厳格降圧群が140mmHg未満を目指した標準降圧群に比べて,心血管イベントのリスクを25%、総死亡のリスクを27%、それぞれ有意に低下させるというものであった。しかし、その一方で厳格な降圧は腎機能低下とも関連していた。ポルトガル・Centro Hospitalar Lisboa NorteのMiguel B. Vieira氏らは、米国腎臓学会・腎臓週間(ASN Kidney Week 2017、10月31日~11月5日、ニューオーリンズ)で同試験の二次解析結果を発表し、平均血圧(MAP)の低下幅が大きいほど腎機能低下リスクが高く、ベネフィット・リスクのバランスが悪化することを示した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  学会レポート »  平均血圧低下が腎機能低下リスクに