メニューを開く 検索を開く ログイン

褥瘡の発生率は低下したのか?

第4回日本褥瘡学会実態調査報告

 2017年11月10日 10:30
プッシュ通知を受取る

 日本褥瘡学会では、2006年から3年ごとに褥瘡の実態調査を行っている。同学会は昨年(2016年)10月に褥瘡〔従来の自重関連褥瘡および医療関連機器圧迫創傷(MDRPU、読み解くためのキーワード:医療関連機器圧迫創傷)〕の有病率、推定発症率などに関する第4回実態調査を行った。同学会実態調査委員会委員長で金沢医科大学看護学部成人看護学教授の紺家千津子氏は、第19回日本褥瘡学会(9月14〜15日)で調査の解析結果を報告した。これまでの調査結果と比べて褥瘡全体では下げ止まり、MDRPUは微増傾向が見られた。(関連記事:新たな創傷原因として注目される「医療関連機器圧迫」の実態が明らかに

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  皮膚 »  褥瘡の発生率は低下したのか?