メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  消化器 »  「長期PPIに胃がんリスク」の研究に疑問点

「長期PPIに胃がんリスク」の研究に疑問点

2017年11月13日 06:15

3名の医師が参考になったと回答 

〔編集部より〕

 Helicobacter pyloriH. pylori)除菌後にプロトンポンプ阻害薬(PPI)を長期使用すると胃がん発症のリスクが上昇したとのという後ろ向き研究の結果が報告された(関連記事)。これまでもPPIの長期投与に関する安全性はたびたび議論の的になっていた(関連記事)が、今回は「胃がん発症リスク」であったため驚きをもって受け止められた。この研究結果をどのように解釈すればいいのか。慶應義塾大学医学教育統轄センター教授の鈴木秀和氏に解説してもらった。

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(6月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

日赤名古屋第二病院で高校生が誤診により死亡。何が問題か?

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  消化器 »  「長期PPIに胃がんリスク」の研究に疑問点