メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

「長期PPIに胃がんリスク」の研究に疑問点

 2017年11月13日 06:15
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

〔編集部より〕

 Helicobacter pyloriH. pylori)除菌後にプロトンポンプ阻害薬(PPI)を長期使用すると胃がん発症のリスクが上昇したとのという後ろ向き研究の結果が報告された(関連記事)。これまでもPPIの長期投与に関する安全性はたびたび議論の的になっていた(関連記事)が、今回は「胃がん発症リスク」であったため驚きをもって受け止められた。この研究結果をどのように解釈すればいいのか。慶應義塾大学医学教育統轄センター教授の鈴木秀和氏に解説してもらった。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

イベント人数制限が緩和。どう思う?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  消化器 »  「長期PPIに胃がんリスク」の研究に疑問点

error in template: found but mtif was expected