メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  ニュース »  2017年 »  腎・泌尿器 »  AKI回復期の患者で栄養不良リスクが増加

ASNトップページ

AKI回復期の患者で栄養不良リスクが増加

 2017年11月13日 06:05
プッシュ通知を受取る

 急性腎障害(AKI)の回復期における栄養状態の役割は研究されていない。回復する腎臓において蛋白制限は尿細管への負荷を軽減できるが、栄養不良を伴うことが多く、患者アウトカム全体に悪影響を及ぼす可能性がある。米・University of California, San DiegoのEtienne Macedo氏らは、AKIから慢性腎臓病(CKD)への進行の防止を目指して進められている臨床試験の中間解析結果を米国腎臓学会・腎臓週間(ASN Kidney Week 2017、10月31日〜11月5日、ニューオーリンズ)で発表。ステージ2/3のAKIエピソードからの回復期にある患者で、栄養不良のリスクが増加していることを明らかにした。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

  

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

セミナー開催情報

ワンクリックアンケート

糞便移植、どう思われますか?

ホーム »  ニュース »  2017年 »  腎・泌尿器 »  AKI回復期の患者で栄養不良リスクが増加

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく1,000ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P02511570 有効期限:2月末まで