メニューを開く 検索

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  脳・神経 »  脊髄性筋萎縮症に遺伝子治療が有効

脊髄性筋萎縮症に遺伝子治療が有効

アデノ随伴ウイルスベクターの単回静注

2017年11月15日 06:10

5名の医師が参考になったと回答 

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米・Nationwide Children's HospitalのJerry R. Mendell氏らは、脊髄性筋萎縮症1型(SMA1)患児15例を対象に、欠失している生存運動ニューロン(SMN)をコードするDNAを組み込んだ自己相補型アデノ随伴ウイルス9型(scAAV9)ベクターを単回静注する遺伝子治療の効果を検討した。その結果、これまでの研究では認められなかったレベルで生存期間の延長および運動機能の改善が示されたとN Engl J Med2017; 377: 1713-1722)に発表した。(関連記事「脊髄性筋萎縮症児の運動機能改善に有効な新薬」)

…続きを読むにはログイン

無料でいますぐ会員登録を行う

【医師限定】

初回登録で500円分のポイントをもれなく進呈!

(4月末迄/過去ご登録のある方を除く)

  • ・ ご利用無料、14.5万人の医師が利用
  • ・ 医学・医療の最新ニュースを毎日お届け
  • ・ ギフト券に交換可能なポイントプログラム
  • ・ 独自の特集・連載、学会レポートなど充実のコンテンツ

ワンクリックアンケート

グーグルマップに医療機関への不当な投稿問題、どう考える?

トップ »  医療ニュース »  2017年 »  脳・神経 »  脊髄性筋萎縮症に遺伝子治療が有効