メニューを開く 検索を開く ログイン

脊髄性筋萎縮症に遺伝子治療が有効

アデノ随伴ウイルスベクターの単回静注

 2017年11月15日 06:10
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米・Nationwide Children's HospitalのJerry R. Mendell氏らは、脊髄性筋萎縮症1型(SMA1)患児15例を対象に、欠失している生存運動ニューロン(SMN)をコードするDNAを組み込んだ自己相補型アデノ随伴ウイルス9型(scAAV9)ベクターを単回静注する遺伝子治療の効果を検討した。その結果、これまでの研究では認められなかったレベルで生存期間の延長および運動機能の改善が示されたとN Engl J Med2017; 377: 1713-1722)に発表した。(関連記事「脊髄性筋萎縮症児の運動機能改善に有効な新薬」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

先生の施設ではスタッフの年末賞与、昨年に比べて

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  脳・神経 »  脊髄性筋萎縮症に遺伝子治療が有効