メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  脳・神経 »  脊髄性筋萎縮症に遺伝子治療が有効

脊髄性筋萎縮症に遺伝子治療が有効

アデノ随伴ウイルスベクターの単回静注

 2017年11月15日 06:10
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米・Nationwide Children's HospitalのJerry R. Mendell氏らは、脊髄性筋萎縮症1型(SMA1)患児15例を対象に、欠失している生存運動ニューロン(SMN)をコードするDNAを組み込んだ自己相補型アデノ随伴ウイルス9型(scAAV9)ベクターを単回静注する遺伝子治療の効果を検討した。その結果、これまでの研究では認められなかったレベルで生存期間の延長および運動機能の改善が示されたとN Engl J Med2017; 377: 1713-1722)に発表した。(関連記事「脊髄性筋萎縮症児の運動機能改善に有効な新薬」)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

今春導入された「妊婦加算」。背景に妊婦の診療を避けたがる医師心理?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  脳・神経 »  脊髄性筋萎縮症に遺伝子治療が有効

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P09511546 有効期限:9月末まで