メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  循環器 »  朝食抜きで動脈硬化リスクが上昇

朝食抜きで動脈硬化リスクが上昇

【海外短報】

 2017年11月16日 06:15
プッシュ通知を受取る

1名の先生が役に立ったと考えています。

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 朝食抜きの食習慣は心血管危険因子とは独立して非冠動脈性および全身性のアテローム動脈硬化症のリスクと関係することが、スペインで行われた前向きコホート研究(PESA研究)で示された。スペインと米国の共同研究グループがJ Am Coll Cardiol2017; 70: 1833-1842)に発表した。

続きを読む(読了時間:約 1 分) 

 同グループは、心血管イベント歴がない40~54歳の成人4,052例を登録。生活習慣、複数の血管画像、臨床的共変量データを収集し、朝食のパターンと心血管危険因子および無症候性アテローム動脈硬化症との関係を検討した。

 朝食のパターンを、①朝食が1日の総エネルギー摂取量の20%を超える高エネルギー朝食(コホートの27%)②同5~20%の低エネルギー朝食(同70%)③同5%未満の朝食抜き(同3%)-の3群に分類した。

 多変量ロジスティック回帰モデルによる解析で、既知および食事性の心血管危険因子とは独立して、朝食抜き群は高エネルギー朝食群に比べ非冠動脈性アテローム動脈硬化症(オッズ比1.55、95%CI 0.97~3.46)および全身性アテローム動脈硬化症(同2.57、1.54~4.31)の有病率が高いという結果が示された。

(編集部)

1名の先生が役に立ったと考えています。

ピックアップコンテンツ

コメント機能は会員限定サービスです。

お知らせ

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

医学部予備校を一括で検索。資料請求も一括OK

ワンクリックアンケート

今春導入された「妊婦加算」。背景に妊婦の診療を避けたがる医師心理?

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  循環器 »  朝食抜きで動脈硬化リスクが上昇

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

MedicalTribuneウェブへようこそ

ご利用は完全無料です。
今、会員登録いただくと
もれなく500ポイント進呈!※医師会員限定(既に登録済みの会員は対象外)
※ポイントはAmazonギフト券等に交換が可能です

本キャンペーンを適用するには
下記よりご登録くださいもしくは登録時に下記キャンペーンコードをご入力

P09511392 有効期限:9月末まで