メニューを開く 検索を開く ログイン

心室性不整脈管理と心臓突然死予防GLを改訂

米・AHA/ACC/HRS 2017年版

 2017年11月16日 06:30
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米国心臓協会(AHA)は米国心臓学会(ACC)、米国不整脈学会(HRS)と合同で、心室性不整脈(VA)管理と心臓突然死予防に関するガイドライン(GL)を2006年以来11年ぶりに改訂、Circulation2017年10月30日オンライン版)で発表した。同GLでは、近年注目度が高まっている遺伝子検査については事前のカウンセリングの重要性を強調するとともに、治療では経静脈式植え込み型除細動器(ICD)以外の除細動器について新たに言及した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

大阪府の吉村知事、三度目の緊急事態宣言を要請へ

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  循環器 »  心室性不整脈管理と心臓突然死予防GLを改訂