メニューを開く 検索を開く ログイン

リンパ節転移を予測するeCura systemを作成

早期胃がんESD後の治療方針決定に有用

 2017年11月16日 06:05
プッシュ通知を受取る

3名の先生が役に立ったと考えています。

 「胃癌に対する内視鏡的粘膜下層剝離術(ESD)/内視鏡的粘膜切除術(EMR)ガイドライン」では、早期胃がんESD非治癒切除患者に対して、リンパ節転移の危険性から全例に追加外科切除が推奨されている。しかし、実際のリンパ節転移はわずか5〜10%で、多くの患者が不要な外科切除を受けている可能性がある。東北大学消化器内科の八田和久氏は、早期胃がんに対するESD後の治療方針を決定するためのリスクスコアリングシステム「eCura system」を作成したと第25回日本消化器関連学会週間(JDDW 2017、10月12〜15日)で報告した。〔読み解くためのキーワード:内視鏡的粘膜下層剝離術(ESD)

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

変異株はコロナの脅威を増大させるか

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  消化器 »  リンパ節転移を予測するeCura systemを作成