メニューを開く 検索を開く ログイン

抗血栓薬服用患者の内視鏡、病診で対応に差

専門医を対象としたアンケート結果

 2017年11月17日 13:50
プッシュ通知を受取る

 市立砺波総合病院(富山県)消化器内科部長の稲邑克久氏は、2012年に発行された『抗血栓薬服用者に対する消化器内視鏡診療ガイドライン(GL)』の導入状況と生検・処置に対する抗血栓薬休薬の現状を把握するため、消化器内視鏡専門医に対し、アンケートを実施。その結果を第25回日本消化器関連学会週間(JDDW 2017、10月12〜15日)で報告し、「病院と診療所で抗血栓薬服用患者に対する対応に違いが見られた」と述べた。なお、GLは今年(2017年)追補版が発行された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

インフルエンザ予防接種は受ける?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  消化器 »  抗血栓薬服用患者の内視鏡、病診で対応に差

error in template: found but mtif was expected