メニューを開く 検索を開く ログイン

ASNトップページ

小児腎移植後は成人期早期もがんリスク監視を

 2017年11月17日 06:10
プッシュ通知を受取る

 近年、免疫抑制療法や周術期管理の進歩により腎移植後の生着率および生存率は向上しているが、一方で悪性腫瘍が小児腎移植後の死亡原因の11.3%を占めることが明らかになってきた。成人では腎移植患者は一般人よりも高率に悪性腫瘍を発症することが報告されているが、小児においては腎移植後悪性腫瘍の報告は限られており、特にわが国を含めたアジア人においては不明な点が多い。東京女子医科大学腎臓小児科の薮内智朗氏らは、小児腎移植後の長期経過観察データを後ろ向きに検討。小児腎移植後は成人期早期においてもがんリスクを監視する必要があることが見いだされたと、米国腎臓学会・腎臓週間(ASN Kidney Week 2017、10月31日〜11月5日、ニューオーリンズ)で報告した。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

社会で不織布マスクを推奨の動き

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  腎・泌尿器 »  小児腎移植後は成人期早期もがんリスク監視を