メニューを開く 検索を開く ログイン

【お知らせ】特設コーナー「Oncology Tribune」開設のお知らせ/詳しくはこちら

全国共通の遺伝子解析・診断システムを構築

 2017年11月20日 11:38
プッシュ通知を受取る

 現在、日本医療研究開発機構(AMED)研究事業において、「産学連携全国がんゲノムスクリーニング事業SCRUM-Japan で組織した遺伝子スクリーニング基盤を利用した、多施設多職種専門家から構成されたExpert Panel による全国共通遺伝子解析・診断システムの構築および研修プログラムの開発」が進められている。同事業の研究開発代表者を務める国立がん研究センター東病院消化管内科長の吉野孝之氏は、同事業における取り組みや進捗状況などを第76回日本癌学会(9月28~30日)で報告。わが国におけるがん個別化医療の実装に向けて、全国共通遺伝子解析・診断プログラムおよびシステムの構築や教育資材・プログラムの作成など、さまざまなプロジェクトを来年(2018年)度中に完了する予定であるとした。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ワンクリックアンケート

コロナで需要拡大中。「ウーバーイーツ」使ってる?

当日人気記事TOP10(医師)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  がん »  全国共通の遺伝子解析・診断システムを構築

error in template: found but mtif was expected