メニューを開く 検索を開く ログイン

発症6~24時間後も血管内治療は有効

脳梗塞患者対象の多施設前向きRCT:DAWN

 2017年11月21日 11:17
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 米・Emory UniversityのRaul G. Nogueira氏らは、脳梗塞の発症後6~24時間が経過し、臨床症状の重症度と画像診断上の梗塞体積が一致しないミスマッチ患者に対する血管内治療の効果を検討した多施設前向きランダム化比較試験DAWNの結果を第10回Society of Vascular and Interventional Neurology(SVIN 2017)で報告した。組織プラスミノーゲンアクチベータ(t-PA)静注療法による標準治療のみを施行した群と比べて、血管内治療を追加した群では90日後の障害が軽度であった。この結果はN Engl J Med2017年11月11日オンライン版)に同時掲載された。

…この続きを読むには、ログインまたは会員登録をしてください

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

社会で不織布マスクを推奨の動き

当日人気記事TOP10(医師)

医療関係者の皆さまへ

新型コロナ感染症が蔓延するなか、メディカルトリビューンは医療現場で奮闘する関係者に敬意と感謝を表します。この感染症が一日も早く終息し、新しい医療が構築されるよう、メディカルトリビューンは最新の情報を発信していきます。

 

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  脳・神経 »  発症6~24時間後も血管内治療は有効