メニューを開く 検索を開く ログイン

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  腎・泌尿器 »  精液の質は健康状態のバイオマーカー

精液の質は健康状態のバイオマーカー

【海外短報】

 2017年11月21日 16:30
プッシュ通知を受取る

イメージ画像 © Getty Images ※画像はイメージです

 精液の質は健康状態を反映するバイオマーカーであると、デンマークのグループがAm J Epidemiol2017; 186: 910-917)に発表した。

 同グループは、1977~2010年にデンマークの単施設を受診した不妊症男性4,712例を全国患者登録で初回入院、死亡、研究終了時まで追跡し、精子数・質と入院、心血管疾患、糖尿病、精巣がん、前立腺がんとの関係を検討した。

 その結果、精子数1,500万/mL未満群は4,000万/mL超群に比べ、全入院(ハザード比1.5)と心血管疾患(同1.4)のリスクが高かった。入院には精子数の少なさと精子の運動率の低さが関係していた。精子数1.95億~2億/mL群は、500万/mL以下群に比べ初回入院までの期間が7年長かった。

(編集部)

コメント機能は会員限定サービスです。

ワンクリックアンケート

湿布薬や花粉症薬の保険外しを検討

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  腎・泌尿器 »  精液の質は健康状態のバイオマーカー

医学部予備校検索ガイド 医学部予備校検索ガイド

新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
もれなく500円分のポイント進呈!※医師限定(既にご登録済みの方は対象外)
本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

P08511617 有効期限:8月末まで