メニューを開く 検索 ログイン

分類できないてんかんが4割超える

希少てんかんレジストリの中間解析

2017年11月21日 16:20

1名の医師が参考になったと回答 

 厚生労働省が2014年に開始した、希少てんかん症候群患者登録システム(RES-R)による横断研究の中間解析の結果から、症候群に分類できない「その他のてんかん」が約40%を占めることが分かった。新たな症候群や原因疾患の探索に有用な可能性があり、実際にさまざまな臨床研究に派生したことを、静岡てんかん・神経医療センター(静岡市)院長の井上有史氏が、第51回日本てんかん学会(11月3~5日)で明らかにした。

…会員の方はこちらからログイン

新規会員登録はこちら

注目コンテンツ

ワンクリックアンケート

コロナワクチン、12歳未満も接種へ

医師アクセスTOP10(当日)

ホーム »  医療ニュース »  2017年 »  脳・神経 »  分類できないてんかんが4割超える

医師限定新規ご登録キャンペーン!
今、会員登録いただくと
500円分のポイント進呈!

※既にご登録済みの方は対象外

本キャンペーンを適用するには
下記ボタンからご登録ください
もしくは下記コードを登録時にご入力

MOD 有効期限:1月末まで